1 マリンピア西・ワンド北
2 マリンピア西・ワンド南
3 マリンピア西・西岸壁
4 アジユール・T字波止西
5 アジユール・T字波止東
1 水産会館周辺岸壁
2 スロープ横2本波止
3 2本波止横船着場
4 西波止・船着場
5 西波止・小波止
6 西波止・中央岸壁
7 西波止・東岸壁
8 西波止・西岸壁
9 マリンピア東・船着場
10 マリンピア東岸壁・北
11 マリンピア東岸壁・南
1 大波止・先端周辺
2 大波止・北岸壁
3 大波止・南岸壁
4 埠頭・南側テトラ
5 埠頭・南東角テトラ
6 福田川尻テトラ
7 埠頭・西岸壁
8 東波止・南側テトラ
9 東波止・北岸壁
10 東波止・小波止
11 水産加工場前岸壁
1 白灯周辺
2 旧灯台跡東側
3 旧灯台跡西側
4 南側テトラ曲角付近
5 北側中央付近
6 南側テトラ中央付近
7 北側西部ケーソン
8 南側西部ケーソン
9 赤灯周辺
中央エリアは漁港中心にあたり、比較的足場もよく駅、駐車場も近いためファミリーフィッシングに適しています。このエリアの中心となる西波止は潮も穏やかで釣りやすく、どんな釣り方でも可能です。小物釣り場のイメージがありますが、チヌ、スズキ、ヒラメ等の大型も潜んでいます。特に6、10番は、垂水漁港内で1、2を争うチヌの好釣り場です。また、マリンピアの東南側や西波止先端付近は、一文字との間を流れる潮の影響を受け、シーズンになると青物やグレ、スズキが狙えます。
1 水産会館周辺岸壁
港内のため、それほど潮通しはよくない。しかし、イカナゴ漁の時期などはここで水揚げされるので、こぼれたイカナゴを狙って魚が付く。
水深 際〜5m 5m〜沖
5.1m 8.6m
2 スロープ横2本波止
潮通しも悪く、港の一番奥にあたるため普段はあまり釣れない。しかし、3月末から4月初旬に大型チヌがフカセで釣れる。ポイントは5〜10m先。
水深 際〜7m 7〜15m
2.9m 6.7m
3 2本波止横船着場
足場もよく穏やか。ファミリー向けの小物釣り場。夜釣りではイカが狙える。船の係留ロープが至る所にあるため、釣りの際は注意が必要。
水深 7m 7〜20m
2.7m 5.7m 6.2m
4 西波止・船着場
常に多くの船が泊まっているのでその間を狙う。サビキで狙う小アジ、イワシ、メバルが人気。但し、大物は滅多に釣れない。
水深 7m 15m
3.8m 6.8m 7.4m
5 西波止・小波止
北側では紀州釣りでチヌ、飛ばしサビキで、小アジやイワシが釣れる。先端はヒラメの好ポイント(活イワシエサ)。南側はメバル、ガシラ、チヌが釣れる。
水深 際〜7m 7m〜沖
4.5m 10.2m
6 西波止・中央岸壁
紀州釣りの好ポイント。10m〜15m先を狙う。オキアミのエサではグレも出る。岸壁際はガシラ、ハゲ。西の風が強い時、対岸で狙う。夕日が眩しいのがネック。
水深 際〜10m 10m〜沖
7.1m 11.5m
7 西波止・東岸壁
中央付近は投げ釣りでヒラメが狙える。際では大型コブダイも釣れる。先端付近はグレのポイント。ハゲ、ガシラも良。ハネはエビ撒きで両岸壁狙える。
水深 際〜7m 7m〜沖
8.1m 8.8m
8 西波止・西岸壁
北寄りは紀州釣りのポイントだが、先端付近は潮が早いためフカセの方が良い。チヌ、グレの他、シーズンは飲ませ釣りで青物、スズキが出る。
水深 際〜10m 10m〜沖
6.9m 11.5m
9 マリンピア東・船着場
船と船の間を狙う。際は浅いためあまり釣れない。飛ばしサビキで小アジ、イワシ、メバルが釣れる。夏から秋にかけてエビ撒きでハネ、アコウも釣れる。
水深 際〜5m 5〜10m 10m〜沖
2.9m 7.8m
10 マリンピア東岸壁・北
紀州釣りでチヌやグレが釣れるがボラも多い。夏場のエサはフナムシが有効。ポイントは20m先。水深が深いためフカセ釣りは適さない。カレイやハゲも良く釣れる。
水深 際〜3m 10m先 中央
4.5m 8.6m 11.5m
11 マリンピア東岸壁・南
先端へ行くほど潮が速い。北側は紀州釣りポイント。先端付近はフカセで狙うグレポイント。投げ釣り、サビキでも結構釣果は上がる。小型ながらメバルも多い。
水深 際〜3m 10m先 中央
5.4m 8.9m 11.5m